当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

フィッシング詐欺に注意!詐欺の手口と情報漏洩を防ぐ方法を解説

フィッシング詐欺に注意!詐欺の手口と情報漏洩を防ぐ方法を解説
この記事でわかること
  • フィッシング詐欺に遭うと個人情報を盗み取られる
  • 個人情報が漏洩・盗まれると被害が拡大する
  • フィッシング詐欺の犯人を捕まえることは不可能
  • フィッシング詐欺は防ぐ以外に解決策はない

フィッシング詐欺は、迷惑メール等を配信して不正な方法で個人情報や財務情報を盗み取る詐欺行為です。

ネット詐欺を相談できる専門家
イーライフ司法書士事務所
イーライフ司法書士法人
旧:平柳司法書士事務所
イーライフ司法書士法人はネット詐欺被害に注力する司法書士事務所です。悪質詐欺師に騙されて返金請求をしたいならば詐欺に強い司法書士に相談しませんか。
事務所詳細
対応可能業務
  • 出会い系
  • 情報商材
  • 副業
  • 占いサイト
  • 支援金
  • FX
ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士・行政書士事務所
事務所詳細
対応可能業務

フィッシング詐欺の手口

まずは、マルチ商法とはどのような手口の商法のことをいうのか、そして違法性についても確認しておきましょう。

偽メールの送信

銀行やクレジットカード会社、ソーシャルメディアの運営会社など、信頼できる組織を装ったメールを配信してきます。これらのメールは、本物と見分けがつきにくいほど精巧に作られていることが多いです。

リンクや添付ファイル

メール内には、偽のウェブサイトへのリンクや添付ファイルが含まれていることがあります。これらをクリックすると、マルウェアがインストールされることがあったり、偽のウェブサイトに誘導されることがあります。

偽のウェブサイト

リンクをクリックすると、本物そっくりの偽のウェブサイトにアクセスすることになります。ここでユーザーにログイン情報やクレジットカード情報などを入力させ、それらの情報を盗み取ります。

個人情報の盗難

被害者が偽のウェブサイトで情報を入力すると、その情報は詐欺師の手に渡ります。詐欺師はこの情報を悪用して金銭を盗んだり、身元詐称を行うことがあります。

フィッシング詐欺から身を守るには?

マルチ商法で稼ぐためには、数多くの会員を獲得しなければなりません。そのため、勧誘方法においても以下のように、必ずしも違法ではないものの悪質な手口が用いられることが多くなっています。

メールの出所を確認

「メールの出所を確認」することは、フィッシング詐欺から身を守る上で非常に重要です。ここでは、メールが本物かどうかを見極めるための具体的な方法について詳しく解説します。

  1. 送信者のメールアドレスをチェック: メールの送信者のアドレスを注意深く確認します。フィッシング詐欺のメールは、正規の組織を装っていますが、メールアドレスに微妙な違いがあることが多いです。例えば、正規のアドレスが「support@bank.com」であれば、詐欺メールでは「support@bankonline.com」のように似て非なるアドレスを使用していることがあります。
  2. ドメイン名の確認: メールアドレスのドメイン部分(@マークの後ろ)を確認して、それが実際の企業や組織のものかどうかをチェックします。不審なドメインや、似ているが異なるドメインが使用されていないか注意深く見ます。
  3. メールの内容を検証: メールの文面もチェックします。フィッシングメールはしばしば緊急を要する内容や脅迫的なトーンで書かれていることがあります。正規の組織からのメールは、通常、そうした言葉遣いを使用しません。
  4. 公式ウェブサイトとの比較: 疑わしいメールが届いた場合、その企業や組織の公式ウェブサイトにアクセスして、連絡先や公式のメールアドレスを確認します。公式の情報と照らし合わせて、メールが正規のものかどうかを判断します。
  5. 直接連絡を取る: 依然として不安な場合は、メールに記載されているリンクや連絡先ではなく、公式ウェブサイト等で見つけた連絡先に直接電話やメールで問い合わせをします。

これらの手順を踏むことで、メールの出所が正規のものかどうかをより確実に判断することができます。フィッシング詐欺は巧妙に作られていることが多いため、疑わしいメールには慎重に対応することが重要です。

メール内のリンクをクリックしない

フィッシング詐欺に対抗するうえで非常に重要です。フィッシング詐欺では、メールに添付されたリンクをクリックすることで、個人情報の盗難やマルウェアの感染につながるリスクがあります。以下に、この対策に関する詳細を説明します。

  1. 不審なリンクを避ける: メール内のリンクは、見た目では正規のものと区別がつきにくいことが多いです。たとえメールが信頼できる組織から来たように見えても、リンクは偽のウェブサイトに誘導する可能性があります。そのため、知らない送信者からのリンクや、予期せぬリンクはクリックしないことが重要です。
  2. リンク先のプレビュー: 多くのメールサービスやウェブブラウザでは、リンクの上にカーソルを置くだけで、リンク先のURLをプレビュー表示する機能があります。このプレビュー機能を利用して、リンクが実際にどこにつながるのかを確認できます。不審なURLは避けるべきです。
  3. 公式ウェブサイトへの直接アクセス: 例えば、銀行やクレジットカード会社からの重要な連絡だと思われるメールにリンクが含まれている場合、そのリンクをクリックする代わりに、ブラウザに直接ウェブサイトのアドレスを入力してアクセスします。または、信頼できるブックマークを使用するのも良い方法です。
  4. セキュリティソフトウェアの活用: 最新のセキュリティソフトウェアは、フィッシングサイトへのアクセスを防ぐ機能を備えていることがあります。セキュリティソフトウェアを利用して、不正なリンクから保護することも効果的です。
  5. 疑わしいリンクの報告: もしフィッシングを疑うようなリンクを含むメールを受け取った場合、それを該当するサービスプロバイダーや企業に報告することも重要です。これにより、他の人々も保護されることになります。

これらの対策を講じることで、フィッシング詐欺によるリスクを大幅に減らすことができます。リンクのクリックは、特に注意が必要な行動です。

二段階認証を設定する

「二段階認証の利用」は、オンラインのセキュリティを強化するための非常に効果的な手段です。二段階認証(2FA)は、アカウントへのアクセスに2つの異なる形式の認証を必要とするシステムです。これにより、パスワードだけではなく、もう一つの認証手段を通じて身元を証明する必要があります。以下に、二段階認証に関する詳細を説明します。

  1. 二段階認証の基本: 通常、第一段階はユーザー名とパスワードの入力です。二段階認証では、これに加えて、第二の認証ステップが求められます。これには、通常、以下のようなものがあります:
    • SMS経由のコード: 登録した携帯電話に一時的な認証コードが送信されます。
    • 認証アプリによるコード: Google AuthenticatorやAuthyなどのアプリが生成する一時的なコード。
    • 物理的なセキュリティキー: USBポートやBluetoothを介して使用するデバイス。
  2. セキュリティの強化: 二段階認証を使用すると、パスワードが漏洩したとしても、第二の認証手段がなければ不正アクセスは困難になります。これにより、アカウントのセキュリティが大幅に向上します。
  3. 設定方法: 多くのオンラインサービスやアプリケーションでは、アカウント設定またはセキュリティ設定のセクションで二段階認証を有効にできます。通常は、携帯電話番号の登録や認証アプリのインストールが必要です。
  4. 利便性と安全性のバランス: 二段階認証は、ログインプロセスに追加のステップを加えるため、わずかな不便さがあります。しかし、この追加のステップによって、セキュリティが大幅に向上するため、多くの場合、その不便さは十分に正当化されます。
  5. 多様な選択肢の利用: 可能であれば、SMSよりも認証アプリや物理的なセキュリティキーの使用を推奨します。SMSはSIMスワッピング攻撃などの脆弱性があるためです。

二段階認証の利用は、特に金融サービス、メールアカウント、ソーシャルメディアアカウントなど、重要な情報を含むアカウントには必須です。これにより、たとえパスワードが漏洩しても、アカウントの安全を保つことができます。

フィッシング詐欺にひっかかってしまった場合

マルチ商法の勧誘行為は特定商取引法で厳しく規制されているため、実際には多くのケースで違法な勧誘が行われているのが実情です。

以下で、主な違法行為を罰則とともにご紹介していきます。

パスワードを変更する

アカウントIDやパスワードを入力してしまった場合は、ただちの変更してください。

利用停止にする

クレジットカードの情報を入力してしまった場合は、即座にクレジットカード会社へ問い合わせてクレジットを利用停止にしてください。

実在するフィッシング詐欺の一例

フィッシング詐欺はあの手この手で配信されてきます。具体的にどのようなものがあるのか、ここで紹介します。

【重要】イオンカードからの重要なセキュリティ更新

尊敬する顧客様、

セキュリティチェックの結果、お客様のアカウントでいくつかの異常な動きが検出されました。以下の点を確認してください:

最近、小額の取引が異常に多く確認されました。
口座残高の変動が大きくなっています。
通常使用していない地域からのログイン試行があったことが確認されました。

これらの活動は、お客様の金融安全にとって重要です。安全を確保するために、以下のリンクからアカウントを確認してください:

イオンカードオンラインサービス

パスワードの定期的な更新を忘れないでください。

ご不明点やご質問がございましたら、以下のカスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください:

イオンカード株式会社
お問い合わせ先: mail@contact.aeon.co.jp

ご協力とご理解、どうもありがとうございます。

敬具

イオンカード株式会社カスタマーサポート

Copyright@ Aeon Card Co, Ltd.

イオンカード二段階認証導入のお知らせ

お客様のセキュリティを強化するため、セゾンカードでは二段階認証の導入をお知らせいたします。
二段階認証の重要性

二段階認証は、アカウントを不正なアクセスから保護するための重要な機能です。セキュリティをより強固にし、お客様の情報を安全に保つために、ぜひご利用ください。
設定手順

お手数ですが、以下のリンクから簡単に二段階認証を設定してください:

二段階認証の設定
ご注意事項

二段階認証の更新をお忘れの場合、カードの一部サービスが制限される可能性があります。アカウントの安全性を最優先に考え、定期的に二段階認証を更新してください。
お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、カスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。

ご協力をお願いいたします。

実際にあったフィッシング詐欺被害の事例

フィッシング詐欺は個人だけではなく、企業がターゲットになることもあります。

コインチェックのXEM(ネム)流出事件

当時の時価総額で数億円単位のネムが流出し大問題となりました。

参考:日本経済新聞

まとめ

フィッシング詐欺は被害に遭わないように予防することが何よりも大切です。万が一フィッシングに引っかかってしまった場合は、被害が拡大しないようにスピード感を持って対応する必要があります。

ネット詐欺を相談できる専門家
イーライフ司法書士事務所
イーライフ司法書士法人
旧:平柳司法書士事務所
イーライフ司法書士法人はネット詐欺被害に注力する司法書士事務所です。悪質詐欺師に騙されて返金請求をしたいならば詐欺に強い司法書士に相談しませんか。
事務所詳細
対応可能業務
  • 出会い系
  • 情報商材
  • 副業
  • 占いサイト
  • 支援金
  • FX
ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士・行政書士事務所
事務所詳細
対応可能業務