【専門家インタビュー】国際ロマンス詐欺の手口・特徴・事例について

国際ロマンス詐欺は、SNSやマッチングアプリを通して恋愛感情を抱かせながら、お金を騙し取る悪質な詐欺の手口です。ニュースなどで報道される機会が増えたことで、被害者は減ったのかと思いきや逆に増加している状況が続いています。

そこで今回、国際ロマンス詐欺に詳しいTwitterで注意喚起の活動をされている「姐さん(ねぇさん)」に最新の手口や特徴・事例などについて詳しくお話しをお聞きしました。

国際ロマンス詐欺の実態がわかる興味深いエピソード満載のインタビューをご覧ください。

ネット詐欺を相談できる専門家
イーライフ司法書士事務所
イーライフ司法書士法人
旧:平柳司法書士事務所
イーライフ司法書士法人はネット詐欺被害に注力する司法書士事務所です。悪質詐欺師に騙されて返金請求をしたいならば詐欺に強い司法書士に相談しませんか。
事務所詳細
対応可能業務
  • 出会い系
  • 情報商材
  • 副業
  • 占いサイト
  • 支援金
  • FX
詐欺師の所在調査の専門家
総合探偵社クロル
「詐欺を働いた相手の住所を知りたい」「ネットで出会った人の素性を知りたい」こんなお悩みがあれば探偵にご相談ください。調査をおこなうことで具体的な行動が可能になります。
事務所詳細
対応可能業務
  • 住所特定
  • 素行調査
  • 尾行・張り込み

国際ロマンス詐欺の被害状況

国際ロマンス詐欺は、外国人を装った日本人詐欺師や本当の外国人詐欺師がSNSやマッチングアプリを使ってターゲットに近づき、恋愛感情を持たせ、投資や振込みをさせてお金を騙し取る詐欺手口です。

2018年頃から急増しており、今現在も多くの被害者がでています。国民生活センター、警察、自治体、メディアなどは注意を呼びかけていますが、詐欺の手口は巧妙化しており、被害は深刻になるばかりです。

出会い系サイトの相談件数

【出典】:ロマンス投資詐欺が増加しています!|国民生活センター

ネットを利用する人は国際ロマンス詐欺についての正しい情報を知って、騙されないように気をつける必要があります。

国際ロマンス詐欺の実態を専門家に聞く|Twitterで注意喚起をする姐さん

【国際ロマンス詐欺の注意喚起をする姐さん】というアカウント名で2021年からTwitterで活動されている、国際ロマンス詐欺に詳しい「姐さん(ねぇさん)」にネット詐欺SOS編集部がインタビューをしました。

これまであまり知られることがなかった、国際ロマンス詐欺の実態がわかるインタビュー記事ですので、ぜひご覧ください。

※こちらが姐さんのTwitterアカウントです。

https://twitter.com/Frank_romance

そもそも国際ロマンス詐欺の注意喚起の活動をされるきっかけは何だったんでしょうか?

姐さん:
実は私自身が国際ロマンス詐欺の被害者になったことがきっかけなんです(笑)

私がロマ彼(国際ロマンス詐欺の彼氏)のFrank Allanという人に出会った頃の話しですが、飲み会の席で友だちに「わたし結婚詐欺に遭ってるかも知れない?…」と、これまでの経緯を話したんです。

「それ、ロマンス詐欺じゃない?」と友だちに言われて、私もニュースなどでちらっと聞いた事があったので、「それだ!」って思いました。

家に帰っていろいろ検索して調べてみると、ブログを書いている方の記事が見つかり、それが自分の状況に当てはまる部分が多く、「やっぱりFrankは80%詐欺師なんだな…」と疑いを深めました。

―― 詐欺行為だったら許せない…それでTwitterを作成したんです ――

姐さん:
それから「真実が知りたい」「詐欺行為だったら許せない」ということもあって、使っていなかったTwitterアカウントをロマンス詐欺を調べる為に作成したんです。

Twitterに私とFrankとのやり取りのLINE画面を投稿したら、「私も外国人彼氏と似たやり取りをしているけど詐欺なのかしら?」という相談メールがポツポツときはじめるようになりました。

そこで、私自ら、Twitterで外国人彼氏と付き合ってると呟いてる人を探しては、「もしかしたらロマンス詐欺ではないですか?」と声をかけて、現在進行形の同じ境遇の人たちと情報交換をするようになったのが始まりです。

まだ2021年1月頃というのはTwitter等にロマンス詐欺の詳しい手口や注意喚起投稿をしているアカウントはほとんどありませんでしたので、いろいろ役に立てるかなということで活動を始めたんです。

Frankとの出会いのきっかけは?なぜ詐欺師とわかったんですか?

Frankの写真

姐さん:
2021年1月に私のインスタをフォローしてきた海洋地質学者のイケメン韓国人男性がFrankでした。Frankとは何となくやり取りを続けているうちにLINEに移行していました。

毎日甘いメッセージが早朝から深夜まで送られてきて、私のことを「はちみつ(honeyの翻訳)」なんて呼ぶんですが、その響きも楽しかったし、私は毎朝コーヒーを飲みますがFrankは紅茶を飲むっていうのも新鮮に感じたりしました。また、「君が望むものは何でも手に入るよ」「残りの人生を日本で暮らしてもいい」なんて言ってくれました。

楽しいやり取りが続いてたのですが、2週間ぐらい経ってから事態は急展開。Frankから「プレゼントを買いました」というメッセージとともに、女性ものの売り場の動画と大きな箱の写真が送られてきて、受け取りのためには海運会社へのLINE登録が必要と言われて。

登録後、その海運会社から受け取りのためにはローカルチャージが必要だから、1,000ドル支払ってくださいと連絡がありました。

あえて、それを拒否してみたんですが、するとFrankから連絡が来て、毎日払え払えと責めたてられました。それまで、あんなに甘い会話をしていたのに。。

このことをTwitterで呟くと、いつも絡んでいる人から「画像を検索してみたら?」とアプリを教えて貰って、Frankの画像を1枚サーチしてみたんです。

―― Frankの写真の実物は韓国人のパーソナルトレーナーだった ――

姐さん:
すると、写真の実物は韓国に住んでいるパーソナルトレーナーでフォロワー16万人いるインスタグラマーでした。ニューヨークのブルックリンに住んでいないし、海洋地質学者でもありませんでした。(苦笑)

その人は間違いなく私のことを知らないし、「honey」などと絶対に言いません。ショックでしばらく呆然としました。お金の被害はありませんでしたが、寂しいというのか喪失感というのか。約3週間私の時間を奪い洗脳した罪を償ってもらいたいと正直思いました。

その後もFrankからは「騙していない」という返事が何度か来ましたが…。(苦笑)

ロマンス詐欺の注意喚起の活動内容を教えてください

手痛いロマンス詐欺被害に遭ってしまった姐さんですが、その後、国際ロマンス詐欺の注意喚起の活動をされます。どんなことをなさっているのか?聞いてみました。

―― 最初は盗用画像の削除を依頼することから ――

姐さん:当初はFrankと同じ人の画像を盗用したインスタアカウントを見つけ出してはフォローして、ダイレクトメールが来ると、私がやり取りしたFrankと同じ中の人なのか質問したりしてました。

盗用された韓国人男性のためにも偽アカウントは全て削除させなければと思い、メッセージが来たら「詐欺だと知っているのでアカウントを削除してください!」と説得をしたんですが、詐欺師に働きかけても無理でした。

なので盗用されている韓国人男性にダイレクトメールをして「あなたの写真がロマンス詐欺グループに悪用されています。」と詐欺アカウントをリストアップして知らせています。本人が運営者に通報するのが1番だからです。

―― 詐欺師に引っかかったフリをして情報収集することも ――

姐さん:
それとは別に、詐欺の手口を色々と情報収集するためにインスタをフォローしてきたロマンス詐欺師にわざと引っかかったフリをしたり、MEEFF、Omiai、Pairs等のマッチングアプリに登録されている、「どう見ても盗用されている写真」にいいねをして、わざとマッチングすることも。

投資のURLを開く直前までやり取りしたり、荷物手数料系の詐欺でも色々な手口があるので、それらをリアルタイムにTwitterで公開したりしています。

―― たくさんの被害者の方から相談を受けるようになりました ――

姐さん:
詐欺師とのやり取りを公開すると、詐欺被害者からの相談もとても増えていきました。

「私も今、送料を要求されています。どうしたらいいですか?払っちゃダメですか?」
「投資を勧められて50万円振込ました。この後どうすればいいですか」
「ロマ彼に何て返信したらいいですか」

といったようなリアルタイムに被害者とやり取りする場面も増えました。

相談者が増えると私が知らなかった手口も聞き取りできるので、詐欺情報も常に新しいものが追加されます。聞き取りしたら早めに注意喚起投稿をするので「さっきの投稿と同じ詐欺師とやり取りしてます」とダイレクトメールが来るのも常です。

―― 詐欺の手口を公表することに意義があると感じています ――

姐さん:
私のように詐欺の手口をSNSに公表することに反対の人たちもいるはずです。公表すれば詐欺師が更なるバージョンアップをするからです。盗用ご本人様のアカウントを載せることで、他の詐欺師がそれを利用することもあると思います。

でも手口を都度公表することで「私も今それと同じ状況だ。騙されているのでは…」と気づいてお金を奪われる前に未遂で済んでいる人も実際にいます。公表することに意義があると感じています。

―― 投稿は週2・3回、韓国の活動家とも情報交換も ――

姐さん:
常に新しい方から情報提供のダイレクトメールは来ているのですが、内容を検証したり詐欺アカウントなのかどうか調べたりするのに結構時間がかかります。ご本人様のアカウント確認もしてから投稿用に編集をする時間がかかるので、週に2-3回くらいの頻度になっています。

情報は基本ダイレクトメールにメッセージが来た相談者からの聞き取りとLINEやり取り画面を見せて頂いて確認します。

あとは盗用ご本人様たちのインスタのストーリーに「詐欺アカウント」を載せていたりするのを使用させて頂いたり、韓国の活動家との情報交換、ネットニュースを引用したりなどです。

―― 盗用画像の本人探しのサポートもしています ――

姐さん:
もうひとつ、「盗用画像のご本人様が誰なのかを探してあげる」という活動も続けています。私のFrankの時もそうでしたが、やり取りしてるのが画像の本人ではないという事は私はいったい誰とやり取りしてるの?この画像の人はどこの誰? とモヤモヤした気持ちになります。

画像のご本人様が誰か分かれば、詐欺師とのやり取りに決別できたり、洗脳から目が覚めたり、ロマ彼ロスもあっという間に終わるというメリットがあります。

元々その人の顔が好みでLINEのやり取りをしていたという方は、実際のご本人様のアカウントをフォローして「ファン活」に励む人たちも実際にいます。

中には詐欺師にお金を騙し取られて全てを失ってしまい画像を見ただけでトラウマになってらっしゃる方々もたくさんいらっしゃるので、ファン活を強くお勧めしてる訳ではありませんが…。

―― ロマンス詐欺の相談や注意喚起を増やしていきたい ――

姐さん:
ただ、画像検索アプリは万能ではないので必ずみつかるという保証はありません。5ヶ月して見つかった場合もありますが全然見つからない人もいます。

なるべく見つかるまで画像を保存していますが、詐欺相談数が毎月どんどん増えていて画像検索する時間が取れなかったり、せっかくの情報提供も注意喚起投稿が出来なかったりで睡眠時間が無くなったりすることもあります。

現在はロマンス詐欺の相談は無料ですが、ご本人様探しの画像検索は有料とさせて頂いています。今後、活動の協力者を増やすなどしてもっと注意喚起投稿や被害者からの相談対応を増やして行けたらと考えています。

国際ロマンス詐欺被害の実態

ここからは国際ロマンス詐欺被害の実態について、姐さんにいろいろお聞きしました。知らなかったことが多くて、興味深い情報がとても多いですよ。

国際ロマンス詐欺のニュース報道などが増えていますが、騙される人は減っていないのでしょうか?

姐さん:
いくらワイドショーやニュースで取り上げられていても「自分のケースは違う」「騙されていない」と思う人もいるようです。もちろんニュースなど見ない人も一定数います。

私自身、減ったと感じた事はなくむしろ増え続けていると思います。振り込め詐欺やオレオレ詐欺が減らないのと同じ感じではないでしょうか。

詐欺師はどこの国籍が多いんでしょうか?

姐さん:中華圏やアフリカ人、インド人、韓国人、日本人などの詐欺師が目立ちます。詐欺師が演じる『キャラ設定』の国籍は、シンガポール、アメリカ(NY)、ドイツ、韓国、台湾、香港が多いです。

ちなみに相談者は日本、韓国、中南米、東南アジアの被害者からが多いです。欧米人からの相談はまだ受けたことはありません。

詐欺師は単独犯あるいはグループでしょうか?日本人あるいは外国人?

姐さん:グループと1人でやっている詐欺師両方います。グループの場合、アジトのような場所からシフト制で交代しながらLINEをしてくる場合もあります。

突然、口調やメッセージの書き方が変わったり、日本語翻訳されてたのが英語で来たりとかします。また、エッチなトークや卑猥な写真ばかり送ってきたと思ったら、真面目に投資の勉強の説明だけを長々とするキャラに変わることもあります。(笑)

このようなタイプが異なる詐欺師が交代でLINEしてくると受け手は非常に戸惑いますが。。

犯人は、中華圏・韓国・アフリカ・インド・日本など様々な場所からメッセージを送って来ます。詐欺師は日本人もいれば外国人もいますね。

ロマンス詐欺に騙された人の被害額はどれぐらいなんでしょうか?

姐さん:
私が相談を受けた経験では最低7万円。最高6770万円という相談が来ましたが、平均すると400万円ぐらいではないでしょうか。

詐欺行為に加担させられる被害者もいる

姐さん:
詐欺師はさまざまな職業やキャラを使い分けますが、その中で被害者を詐欺に加担させるような手口を使うケースもあります。

例えば、「出張先でWiFiが調子悪くて自分の口座が凍結されて使えないから、代わりに送金の手伝いをして欲しい」と言ってきたり。

困っているならと親切心で言われた通りに自分の口座を使って送金や転送の手伝いをするケースがあります。このように知らない間に詐欺に加担させられてしまっている人も多いです。

巧妙で巨大化する図々しい詐欺師たち

姐さん:
以前はSNSの詐欺アカウントのフォロワー数は数百人とか多くて数千人でしたが、今は20万人いる組織的な詐欺アカウントもあります。

ストーリーをマメにアップしていたり、写真を盗用されたご本人様が投稿すると同時に詐欺アカウントも投稿したり、有名インスタグラマーのアカウントをわざとプロフィール欄にメンションして「プライベートアカウント」「オフィシャルアカウント」などと書いて、ご本人様にバレても平気な顔で活動する詐欺師も多いです。

ご本人様の投稿にコメントしている女性にDM(ダイレクトメール)したり、女性のコメントに「私のオフィシャルアカウントに愛のメッセージありがとう」などと返信する図々しい詐欺師もいます。そのような詐欺師に惑わされたり、騙されてる女性もいます。

マッチングアプリやさまざまなSNSを活用する詐欺師たち

姐さん:
詐欺師は、マッチングアプリのほか、InstagramやTwitter、TikTok、mixiなどの他に、BIGO LIVEなど配信アプリからもメッセージを送ってきます。

InstagramやTwitterの場合はDMで
「あなたの写真は私の祖母に似ている」
「投稿されてる花はとても綺麗だがなんという種類ですか?」
「あなたが飼っている犬はとてもかわいい」
「写真の場所はどこですか?日本がとても好きで来月旅行で行きますが案内して貰いたい」
「(京都の写真の投稿に対して)私の両親は京都出身です。私は両親の故郷を見たいので会社に日本転勤を申し出しました」
「私の趣味は美食で、とくに日本料理が好きです」

といったように興味を惹くようなメッセージを送ってきます。

アカウント主は景色、料理、ペットの投稿をしているような年齢層が40代以上で子供がいそうな人をターゲットにしているようです。

ダーリン、ハニー、未来の夫などと呼んで口説いてくる

姐さん:
女性の既婚者に対しても、やり取りを始めて数日で「ハニー」「ダーリン」「Queen」「未来の妻」「妹」などと呼んで、構わず口説いてきます。

また女詐欺師は男性に対して、「Darling」「Dear」「友達」「○○さん(マモルさん、ケンジさん等の名前呼び)」「未来の夫」などと呼んでその気にさせます。

最近の詐欺の手口や特徴・事例などを教えてください

国際ロマンス詐欺の手口はアップデートしているということでしたが、どんな手口や事例があるのか特徴などについて聞いてみました。

仮想通貨取引所に勧誘する手口

姐さん:
よく使われるのは詐欺師が「必ず儲かるから…」「僕のことを信じて…」と仮想通貨の投資取引所へ誘う手口です。

初回投資は利益が出たら引き出せますが(時々3回までは引き出せる場合もある)、それが、突然「税金」「手数料」「違約金」などを払わないとアカウントが凍結されると催促してきます。慌ててそのお金を振り込むと、お金が引き出せなくなって騙し取られます。

また、ビットコインなど仮想通貨を購入するように指示して、詐欺師が指定する取引所に送金させて足がつかないようにしたり、投資資金を個人名義の口座に振り込ませるようなこともあります。

ギフトカードを買わせる手口

姐さん:
投資系や荷物手数料詐欺だけではなく、iTunesカードやAmazonギフトカード、NIKEギフトカードを買わせる詐欺手口もあります。

「もうすぐ僕の誕生日だからAmazonギフトカードを買ってくれ」
「幼い頃に亡くなった母親の墓に花を買いたいからNIKEカード5万円x2を買って」
「韓国ではiTunesカードを買えない。僕の日本人の友達がカンボジアでiTunesカードを作っているから5万円分買って欲しい」
「私のパソコンが壊れてしまい修理代がないからコンビニでAmazonカード5万円x10枚買ってきて」

投資詐欺の誘いに失敗すると、次は手を変えてiTunesカードを買わせる手口に変更するような詐欺師もいます。

プレゼントを送るよという手口

姐さん:
プレゼントや書類、現金を送りたいんだけれど、住所を教えてと言ってきます。その後、空港や税関で手数料が発生するから、お金を払わないと届けられないと言って、支払いをさせるわけですが、払っても荷物は届きません。

立て替え支払いを依頼する手口

姐さん:
船の上でWiFiが不安定で自分の口座が使えないので、代わりに君が僕の口座から取引先に送金して欲しいと依頼してきます。(口座番号やパスワード、振込番号などを教えられます)

そして、送金手伝いを何回かさせられた後、残高が足りなくなったので、日本に行ったら返すからと言われて立て替えを頼まれます。

刑務所に入らなくなるからと泣き落としをする手口

姐さん:
出張先で窃盗に遭って「お金がなくてホテルに泊まれない」「ホテルから追い出される」もう刑務所に入らなくてはならない、などと泣きわめいて数十万円のお金を振り込ませようとします。

断ると「もう死ぬしかない!」などと嘆き悲しむ姿をみせます。可哀想に思わせてお金を支払わせます。同じような手口で「事故に遭って入院費が払えない…」からと泣き落としをするような手口もあります。

裸の動画を撮って脅す手口

姐さん:
毎日ラブラブな会話を続けて、次第に気持ちを盛り上げさせて、テレビ通話時にお互いの裸を見せあうように持ちかけます。その時の画面を録画しておいて、後から「職場や家族、フォロワーに拡散する」と脅してお金を要求します。(詐欺師側はAVや拾い画の首から下の裸を流しています)

相手が詐欺師だと分かって、女性も激しく怒鳴ったりすると、「お前の住所は分かってるから、お前の国にいる仲間にお前や家族を傷つけに行かせることもできる」と逆に脅されて、泣き寝入りさせられることもあります。

ウクライナの軍人・医師を名乗る手口

姐さん:
国際ロマンス詐欺では、シリアやガザ地区、ソマリア、イエメンなどの紛争地域にいる軍人や医師に成り済ます「ナイジェリア詐欺」が多かったのですが、同じ戦地でも最近では「ウクライナ」が追加されました。軍人よりも医師の設定が大半を占めていて、ほぼ「整形外科医」です。

娘や息子が寄宿学校にいて「引退(退役)を申し出て子供と日本に永住したいから、"僕の上司にメールをして依頼してくれないか"」と持ちかけてきます。その後、上司と名乗る人物から渡航費用等を請求されたケースもあります。

海運会社のサイトを自作して騙す手口

姐さん:
ミリタリー系詐欺のように荷物やお金、プレゼントを送ってくる手口は同じですが、「パースの鉱山を持っている宝石商」「海洋地質学者」「石油採掘エンジニア」「デザイナー」「ツバメの巣を採る仕事」「従姉妹が靴職人」などの様々な職業を騙ります。

「書類や現金、君へのプレゼントを海運会社に出したよ」と言って追跡番号を伝えてきます。海運会社のURLをクリックすると日本の運送会社のように「荷主の情報、荷受した日時、受取人の情報」が表示されるというかなり巧妙で細かいサイトを作っています。

それを見た人は本当に荷物が存在して自宅に届いてしまうと信じてしまいます。その後に税金等の名目で「今日中に数千ドルの支払いをして下さい。24時間以内にお届けします」とメールが来たり、詐欺師からも矢のような催促が来るため支払ってしまう人が跡を絶ちません。

投資詐欺の手口

姐さん:
投資の詐欺の場合は、「金融アナリスト」「貿易会社経営」「会社経営」を名乗って、「副業で毎晩仮想通貨で稼いでいる」「将来、妻に財務担当を任せたいから投資の勉強を教えてあげる」などと言って偽の投資取引所に小額から取引させるパターンが多いです。

「それくらいの金額なら…」と手を出してしまう人が多いわけですが、詐欺師指定の取引所は当然金融庁の認可がない取引所です。振込先が国内銀行の個人名義の口座なので「変だな…」と思いつつも振り込んでしまう人がいます。

これまで印象に残っている詐欺師や事件について教えてください

国際ロマンス詐欺と一口に言っても、いろんな手口があるんですね。姐さんにこれまでの相談や経験で印象に残っている事件について聞いてみました。

ちょっとお間抜けな中国人詐欺師Allen

姐さん:
ロマ彼Allenという中国人詐欺師は、まず女性に自分を好きにさせてから、投資の勉強に持ち込みたいようで、夜になると少しエッチな会話をしようとします。

翻訳アプリが悪いのか「子宮を見せろ」って言ってきたことがあります。「それは無理」と言うと「なぜ?」その会話が数日続いたので「子宮は内臓だから見えない」と教えるとビックリしてました。(笑)

Allenは私が国際ロマンス詐欺の注意喚起の活動をしてるのを知っていて、「日本人の女性は嘘つきで浮気者ばかりだ」と愚痴をこぼす事も時々あり、理由を聞くと「明日投資の話を聞いてあげるねと約束してもアプリで他の男とやり取りをして浮気している」「1度も投資させる事に成功した事がない」と嘆いていました。

この後に逆にこちらから「女性たちとどんなやり取りをしてるの?」と聞いてみると、なぜか他の複数女性とのやり取りのLINE画面を沢山送ってきました。(笑)これを送って来て大丈夫なのかな?ていうより私が見ても良いのだろうか?…と思いましたが。。

それが上司にバレたのか、その後Allenからは返事が来なくなり、「どうしたの?」と送っても違う詐欺師から英文が届くようになりました。Allenは独房のようなところに閉じ込められてないかと気になります。(苦笑)

詐欺被害者の娘さんからの相談

姐さん:
相談に来るのは騙されてる本人だけではなく、彼氏だったり友達だったりということもたまにありますが、ある日の深夜2時頃に「この写真の人は誰か分かりますか?」と1枚のアジア人男性の画像が送られてきました。

見たことがない男性だったので「この男性がどうかしましたか?」と聞いてみるとDMして来たのは娘さんで、お母さんがロマンス詐欺に騙されてお金を振り込んでいるといいます。

画像を検索するとすぐに実在の人が分かりました。その男性が実在する人物だと分かればお母さんの洗脳が解けるかも知れないと思ったのですが、すでに学費や生活費も振り込んでしまっていたようで、娘さんの悲痛な言葉と絶望感が伝わってきました。

騙された被害者はもちろんですが、毎日幸せそうにしていたお母さんが詐欺に遭って落胆して悲しんでいるのを見るお子さんの気持ちはもっと辛いでしょう…。これ以上何もする事ができない私は無力だと痛感しました。

詐欺に引っかからないようにするためには

国際ロマンス詐欺に騙される人はなぜ後を絶たないのか?騙されたり、引っかからないための方法についても姐さんからアドバイスをしていただきました。

なぜ国際ロマンス詐欺に騙される人は後を絶たないのでしょうか?

姐さん:
ロマンス詐欺に遭った人は皆さんが「まさか私が詐欺に遭うなんて信じられない…」と言います。実は大半の人は相手のことを最初から「詐欺師かも知れない!?」と疑ってやり取りしています。

でも騙されてるかも知れないと思ってるのに、「出張先でお金を盗まれた」と言われたら送金してるんです。銀行口座を貸したり、振り込まれたお金を転送するのは犯罪だと内心思っていても従ったりします。

編集部:なぜなんでしょうか?

姐さん:
毎日朝から夜遅くまでメッセージが来て、それに返信しないといけないと自分自身を脅迫観念に追い込んでしまいます。また、数時間メッセージが来ないと気になってしょうがないんですね。

仕事の悩みや家庭の悩み、体調の不安などを家族に言えなくても、ロマ彼は優しく返事を返して心配してくれます。特に女性は頑張っているのを言葉で労って貰うような経験は少ないですし、ハニー愛してるとか言われ慣れてないので無意識に毎日の心の支えになっています。

心のちょっとした隙間にしっかり入ってくる、いわば洗脳です。だから詐欺かも?と思いながらもブロックできない人は多いです。

なぜ日本人は引っかかりやすいんでしょうか?

姐さん:
ロマンス詐欺の被害者の中には、「恋愛感情はなかった」「本当に困っている感じがしたのでお金を振り込んでしまった」「シングルファーザーで大変そうだから」といった色恋以外の理由でお金を払ってしまう人もいます。

日本人は基本的に親切、断るのが苦手、押しに弱いといった国民性が詐欺のターゲットになってるのかもしれません。

女性はどんな詐欺師に引っかかりやすいんでしょうか?

姐さん:
「今日はどうだった?」と1日の労いをしてくれるような、マメで礼儀正しく、体調の心配もしてくれるようなタイプでしょうか。

また、若くて細マッチョで綺麗な顔立ちのイケメンに弱い人が多いですね。しかも、お金持ちで社会的ステータスがあって、そんな人が「女性の年齢は気にしません」「君と結婚したい」なんて、甘い言葉を普通にかけてくると、キュンとなってしまうようです。

男性はどんな詐欺師に引っかかりやすいんでしょうか?

姐さん:
だいたい「上海美女」と言われる色白で綺麗な長い髪に薄化粧なのにとても美人。そして押しが強い詐欺師に騙されるケースが多いようです。

会ってもいない相手になぜ騙されるのでしょうか?

姐さん:
相手が外国に住んでいたり、国内でも仕事が忙しかったり、コロナ禍だったり、ですぐに会えなくても仕方ない情勢で、毎日甘い会話をしていると、最初の印象より何十倍何百倍にも妄想が膨れあがるようです。

「すごいイケメンの彼と会う約束をしてる」「私を迎えにきてくれる」と勝手に脳内が良い方向にしか考えなくなるのではないでしょうか。そのためか、騙される人は同じ手口に何回も騙されます

女性がロマンス詐欺に引っかからないように気をつけるべきポイントは何でしょうか?

姐さん:
まず見ず知らずの人に「写真を送って」と言われても自撮りをそのまま送らないことですね。また、会ったこともない相手に免許証や身分証を見せない、職場や家族の情報、住所や本名を教えてはダメです。

それと、お金の話が出たら「そのくらいの金額なら…」とハードルを下げないことです。知らない日本人に「投資してみて」って言われても、普段は投資などしないのに、外国人ならOKするのは危険です。

男性がロマンス詐欺に引っかからないように気をつけるべきポイントは何でしょうか?

姐さん:
自分に興味を持ってくれた綺麗な女性からお金の話を切りだされると、男性は「お金がない…」って言いにくい傾向があるようです。詐欺師も最初は5万円や10万円からスタートするので、男性は見栄を張ってしまいがちです。

もしも女性が美女ではなかったり、タイプでない年齢層や体型だったら断ると思うんですが。。

実際に家庭をお持ちの方で奥さんに内緒で数百万円投資してしまい、バレないように回収したいといった相談が来たりします。男性の場合、下心は程々に、知らない人からの儲け話は信用しないで「NO」と言える勇気が必要かもしれませんね。

まとめ

実際にSNSやマッチングアプリなどで詐欺師とやり取りしながら、国際ロマンス詐欺についての情報発信を続けられる姐さんのお話しはとても興味深いものでした。

国際ロマンス詐欺の手口や特徴、さらには引っかからないようにする方法なども参考になりました。

もしも今現在やり取りしている相手が詐欺師かもしれない?と感じたら、個人情報を渡したりお金を支払うことは絶対にやめましょう。お困りごとや悩みごとなどがあれば、当サイト(ネット詐欺SOS)や姐さんに相談なさってください。

ネット詐欺を相談できる専門家
イーライフ司法書士事務所
イーライフ司法書士法人
旧:平柳司法書士事務所
イーライフ司法書士法人はネット詐欺被害に注力する司法書士事務所です。悪質詐欺師に騙されて返金請求をしたいならば詐欺に強い司法書士に相談しませんか。
事務所詳細
対応可能業務
  • 出会い系
  • 情報商材
  • 副業
  • 占いサイト
  • 支援金
  • FX
詐欺師の所在調査の専門家
総合探偵社クロル
「詐欺を働いた相手の住所を知りたい」「ネットで出会った人の素性を知りたい」こんなお悩みがあれば探偵にご相談ください。調査をおこなうことで具体的な行動が可能になります。
事務所詳細
対応可能業務
  • 住所特定
  • 素行調査
  • 尾行・張り込み